2014年07月09日

なつこんアンソロジー「夏色の想像力」

こんにちは。
気圧が下がると眠くてたまらないブログ担当です。
台風が過ぎるまでは眠くて眠くて、なつこんの仕事が全然進みません。すみません、言い訳です。
さて、今回はなつこんが自信を持ってお送りするSF短篇集、なつこんアンソロジー「夏色の想像力」と、その企画についてご紹介します。

「夏色の想像力」は、プロ作家17名によるバラエティ豊かな新作SFが22編も入った文庫サイズの同人誌。
豪華な執筆陣に加え、600ページを軽く超えた聖書のように分厚いアンソロジーです。すごいでしょう?
その迫力を知ったプロの方々から「どうかしている」、「同人誌のやることじゃない」、「プロの仕事を奪うな」などの温かいお言葉を頂いております。

◆なつこんアンソロジー「夏色の想像力」◆
執筆陣:
・瀬名 秀明
・山田 正紀
・堀 晃
・飛 浩隆
・円城 塔
・宮内 悠介
・酉島 伝法
・藤井 太洋
・北原 尚彦
・三島 浩司
・勝山 海百合
・下永 聖高
・高山 羽根子
・倉田 タカシ
・忍澤 勉
・オキシタケヒコ
・理山 貞二

序文:大森 望、日下 三蔵、小浜 徹也
カバーイラスト:加藤 直之

予定頒布価格:¥2,000(税込)
大会参加者は、割引購入制度あり

でも、もともとこんな分厚い本になる予定じゃなかったんです。
実のところ、原稿をお願いした方から送られてくるテキストが、ことごとくページ数を超過。
その執筆者達の熱い魂を削るなどとてもできないと、なつこん編集局が「全部載せよう」と英断した結果なのです。
採算や流通コストなどをあまり気にせず作る同人誌だからこそできた、掟破りの一冊なのです。

このアンソロジーを編むに当たって、どのような秘話があるのか?
それが【なつこんアンソロジー「夏色の想像力」を語る】企画です。

*☆*―――――*☆*
■なつこんアンソロジー「夏色の想像力」を語る
出演者:瀬名秀明、理山貞二、倉田タカシ、オキシタケヒコ他
執筆者の皆様にコメントを頂きますが、そもそもどうしてこんな分量になってしまったのか、秘められた思いが解き明かされるはず。
*☆*―――――*☆*

「夏色の想像力」は、会期中ディーラーズルーム(一般解放区画)にて、頒布いたします。
一般小売をしない同人誌です。しかも、なつこん参加者には、割引購入制度があります。
この機会に、ぜひお求めください。よろしくお願いいたします。
posted by なつこんスタッフ at 23:55| お知らせ